結婚が目的なのは当然ですが

それだからこそ結婚を目的にしてはいけないと思います。

結婚を目的にするということは、結婚してしまえばそれでおしまい。後のことは知らないよということになるからです。

 必要なのは、どんな家庭を作り、どんな子どもを育てていきたいかというビジョンが必要だということです。


 しかし、これに気付いていない男性が多いのも事実です。


男性に質問すると、多くの方は
「幸せな家庭を作りたい」
「健康な子ならそれでいい」と答えられます。

しかし、それでは不十分なのです。
 

例えば、2名の野球選手がいたとします。

一人は「いい選手になるように頑張ります」

もうひとりは、「自分は、バッティングが課題なので、変化球をライト方向に上手く打てるように練習しています」と答えます。

このどちらがよい成績を収めるでしょうか。後者の方がいい成績を収めるに違いありません。
 
 結婚だってこれと同じなのです。具体性のない結婚生活であっては、行き当たりばったりの家庭にしかなりません。

結婚を目標にするのではなく、結婚後の理想の家庭を明確にしてそれを目標にすることが重要なのです。


この考えがあるかどうかがその人の言動に反映します。

それが相手の女性にもやっぱり伝わりますよ。


posted by ケコ━(・∀・)人(・∀・)━ン at 01:22 | TrackBack(0) | 結婚したい!?

この記事へのトラックバック