結婚指輪の平均購入額は14万円


指輪の「交換」をするカップルなら、夫と妻、ふたり分の指輪が必要です

では結婚指輪を先輩カップルはいくらで用意したのでしょうか。

ふたり分の結婚指輪の購入金額総額は平均14.0万円でした。
分布を見ると

「10〜15万円未満」が32.3%、
「15〜20万円未満」13.8%、
「20万円以上」16.5%

という順番になっています。
半数近くの人が10〜20万円で購入していることになります。
そう、結婚指輪は男性用、女性用、2つを購入する人がほとんどです。

ふたりのこだわりを形に表わす、
ふたりで着けるものだから気に入ったものを選び抜く

というカップルが増えていると思います


posted by ケコ━(・∀・)人(・∀・)━ン at 11:00 | TrackBack(0) | 結婚指輪・婚約指輪

この記事へのトラックバック